経堂の美容室 entrir 経堂店 ルネサンス内のスタッフブログです。

2017年8月12日

髪と肌の重要性

美肌になる為にスキンケアは欠かせない! 
とお肌のお手入れをされている女性は多いと思います。
ですが、肌に気を取られすぎて、髪のケアは怠っている……なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

肌が綺麗なのに、髪がパサパサで全体的にもったいなく見えてしまう方もいらっしゃるのでは・・・
今日はそんな方の為のお話をしていきます。

世界的に見ても、日本人女性は肌に対しての意識が高く、お手入れを念入りにされている方が多いです。
女性の肌と髪のお手入れに対する気持ちの対比として
肌 ・・・・ 70~80パーセント
髪 ・・・・ 20~30パーセント
なんて話をよく聞きますが、やはり肌に比べたら髪に対しての意識は少し低いように思えます。
でもご存知でしょうか?
思い出話で名前の知らない女性を思い出すとき、多くの方はが「あの黒髪でロングの…」とか「ボブでちょっと明るめの髪色の……」といった人の特徴を髪で話すことが多いことを。

実は髪で受ける印象はとても大きく、肌での印象はよっぽどキレイかよっぽど荒れていない限り話に出てくることはありません。
髪の面積は意外と大きく、あなたの特徴にさえなりえるものです。

ただ、触ったことがあったりすれば「そういえば◯◯さん、すごくお肌がすべすべで…」となることもありますが、あなたの肌に触れる人といったら、よっぽど仲のいいお友達や彼氏くらいでそうそう触ることなどありません。
しかし髪で受ける印象が強いからといっても、肌に欠ける情熱は変わらないですよね。
ですが、髪は常にあなたにくっついて離れないものです。そして顔や首、背中、デコルテなどのお肌に触れています。

この髪が清潔でなかったり、ダメージでパサパサだったりしたら? 刺激で出来物ができたり、かゆくなって掻いてしまったりしてはせっかくのお肌が台無しですよね。髪がパサパサだとお肌のツヤさえ減退させてしまうんです……。

髪がキレイだったら、肌に対しても衛生的で、刺激も減ります。印象だってもっとよくなり、肌と髪にコントラストも生まれ、ツヤがツヤを導くのでもっと全体的にキレイに見えるのです。

コメントする